アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
喪服の女性

葬式の際の祭壇については、あまり選択を考えるゆとりも余地もなくて、もうベーシックな白木づくりのものにする方が大半でしょうが、これを自由な価値観で、造形も含めて、その人なりの個性的なものにすることももちろん可能です。
そうすることによって、来て下さった皆様の印象も深く刻まれて、長く思い返していただけるような気がいたします。

調べてみますと、全国には、祭壇造形にかかわる専門業者の方々がたくさんいて、いろんな形での式典作りを提案してもらえます。
これらを参考にするだけでも、これがいいな、と思うものがあります。
葬儀は故人の生前での社会的な地位などもあるでしょうが、最近ではこじんまりとしたアットホームなものも好まれる傾向にあります。

自分たちなりの費用のかけ方。


現実になる前に、自分たちの葬儀について、具体的なシミュレーションをしておくことは、決して無駄にはなりません。
最低限の知識を持っておくことは、その時にあわてなくても済むからです。
それにこれらはいやがおうにも、誰しもに必ず訪れるものだからです。
葬儀の人数でおおよそ会場は三パターンくらいに分けられて、会場使用費も当然違ってきます。
必要最小限でいいと思うのですが、ついつい大きなものになってしまいます。
それでも、当日すし詰めになるのは嫌なものなので、結局は大きなものになっていきます。
そして、細かいところまで、細分化されて、費用もかなり違ってきます。
結婚式とまったく同様です。
見栄を張っていきますと、どんどん加算されます。

シンプル簡素なお葬式スタイル。


祭壇の選択もそうですが、棺桶や戒名、花の種類、霊柩車のランクなどなど、わたしたちは本当のところ、どれが相場なのかわかりませんが、かなりの出費をしてしまいます。
確かにコストだけではないのでしょうが、シンプルなものでもいいように思われます。
法的に最低限の手続きで行うことももちろん可能です。
親などもそれを望んではいますが、結局は人並みのものを望むことになるのでしょう。
けれども、自分たちの主義や趣味で満足できるものであれば、費用はかけなくても満足できるのではないでしょうか。
いまでは大掛かりな埋葬、墓石、永大供養はたいへんだし、引き継ぎ手がいない家は結局無縁仏となりますので、散骨や自然葬など、これらの手間のかからない形が提案されています。

オススメリンク

財布

病院での紹介

人間誰でもいつかはやってくる不幸、それはその方によっていつやってくるのかわからないわけであります。
そのようなこと自分の身内に不幸が訪れた場合、まず最初に考える事は、葬儀をどうするのかと…Read more

お供えの花

費用を安くする方法

お葬式の費用は意外と高くなる場合があります。
自分の思っている金額より10万円程多く見積もっていると良いです。
業者の言う通りにしてしまうとかなりの金額になってしまうのが現実です…Read more

関連リンク

BACK TO TOP